大手企業に勤める女性の年収は?

高学歴奈女性が増えているこの頃ですが、やはり、レベルの高い大学なりを出て、大手企業に就職をしたい!という希望を持ち、学生時代から世の中の動きを勉強し、男性に負けじと努力する女性が増えてきています。

もちろん、その先に、男性並みに働いて、男性並みにお給料をもらいたい女性もいるでしょうし、昔ながら(?)に大企業に就職して、大企業に勤める男性との結婚を目標にする女性もいるでしょう。

昔は、男の人が働いて、女性は結婚したら家庭に入る。というのが常識でしたが、今では、女性も社会的地位に着きやすく、『高級取り』と言われるような収入を得る女性も増え、その為、結婚をせずに仕事に専念し、バリバリと働く人生を送っている女性も多くなっているようです。

では、頑張って大手企業に就職した女性の、その年収はどのようなものでしょう?

世間一般に、女性の平均年収は360万円という数字があります。
男性の平均年収480万円に比べて、100万円強低いことになります。

女性の働く大手企業の年収(以下、2014年プレジデント ウーマン参照)

<日用品関係>
P&G 34歳女性 管理職 で1000万円超えて収入を得ています。
資生堂 30歳女性 非管理職  615万円、
花王  28歳女性 524万円。

<食品関係>
キリンビール 28歳女性 非管理職 610万円
サントリー  25歳女性 非管理職 600万円
味の素    27歳女性 非管理職 540万円

<小売メーカー>
イオン  40歳女性 非管理職 478万円
セブンーイレブン 30歳女性 非管理職 500万円
高島屋  33歳女性 管理職 630万円

以上のように、年齢、職種、役職・・・など、立場はそれぞれ違いますので、明確には言い切れませんが、女性の平均年齢と比較すると、やはり大手企業の年収は多い。
と言うのが感想です。

上記の資料に、学歴の記載もありましたが、大学院卒から短大卒まで、実にさまざまで、年齢も20代後半から30代前半と様々です。部署もそれぞれ違い、財務関係、バイヤー、法人営業など、様々な仕事に就いていますね。

他にも、平均月収の違い、賞与の有無や支払い方でも違います。
月収が23万円程度でも、手当てや残業代・賞与の額で、月収30万円の人と年収に差が無くなったりします。

いえるのは、やはり中小企業よりも、大手企業の女性の年収は『多い』という印象を受けました。

収入面もそうですが、大手企業でバリバリと働く女性、なんだかとても格好良くみえませんか?男性と同じ土俵で、男性とは違った目線で、女性ならではのアイデアを出せると、高収入に繋がる。
そんな制度がもっと浸透してくれたらと、願うばかりです。

職業別女性が得ることができる年収の違い

女性が社会で活躍をする時代です。
結婚をしたら家庭に入るという考え方は古いですし、仕事と家庭を両立させている女性も多いです。
女性でも高収入を得る時代です。
職業によっても収入には差があります。
どのような職業であれば、どれくらいの収入を得ることが出来るのでしょうか?
参考にしてみるとよいでしょう。

いわゆる「先生」と呼ばれるような職業は高収入であることが多いです。
大学教授、高校教師、医師、弁護士などは女性も活躍をしていますし、高収入を得ることが出来る仕事です。
資格を取得していなければできない仕事であれば、収入も多く見込むことが出来るようです。

大学教授も誰もがなれる仕事ではありません。
自分が専攻をしている内容について、もっと勉強をしたいと考えた時に大学に残って研究をすることが出来ればよいかもしれません。
しかし、どこの大学にも残ることが出来るわけではありません。
大学教授になるためには、向上心も必要となります。

女性が多い職業も比較的年収が高いことがあります。
看護師や介護士、美容師など男性も増加をしてきていますが、それでもまだ女性の方が圧倒的に多い職業です。
資格がなければ出来ない仕事でもあり、また需要も高いので年収も高い職業ということが出来るでしょう。

年齢を重ねると年収も上がる傾向は男性にも女性にも共通しています。
キャリアを積むことができれば、それだけ企業の利益にも貢献をすることが出来るようになるので、年収はあがります。
30歳以上になると転職も厳しくなってくるので、高収入を得るための転職を考えているのであれば、20代のうちに行っておくとよいでしょう。
30歳以上になれば、同じ企業でキャリアを積んだほうが収入はアップする可能性が高いです。
もちろん、やりたいことが見つかった場合などは転職をしたほうがよいでしょう。
年収をアップさせたいという理由だけであれば、同じ企業で仕事を続けたほうが良い場合もあります。
転職して年収アップするには

今は女性の管理職も増加をしてきています。
管理職になれば仕事に対する責任も持たなければいけないので、大変な部分も出てきますが、やりがいも得ることが出来ますし、自分がやりたいと思えるような仕事も出来るようになるかもしれません。
管理職を目指して今頑張っている女性もとても多いです。
正しい評価をしてくれるような企業を見つけることが、女性でも高い年収を得るために必要なことです。
企業を見極める力をつけることが大事です。

営業職女性の平均年収について

女性の営業職、ばりばり仕事をして業績を上げている方なら、かなりの高収入なのでは?
男性の営業職で売り上げを上げて高収入を得る方も多いでしょうが、女性の営業なら、男性にも女性にも受け入れられやすく、また、女性特有のお客様に対する柔らかい接し方などで、顧客の心を掴んで、男性と違った形で売り上げに繋げる活躍も出来そうなイメージがあります。

実際に、営業職の女性たち、年収はどのくらいで、どのような職種があげられるのでしょう。

業界別で営業職の女性の年収です。
1位 コンサルティング、シンクタンク  約485万円
2位 医薬品・バイオ・食品       約425万円
3位 科学、素材 約420万円
4位 医療福祉             約400万円
5位 官公庁、公共サービス       約390万円
以下にIT、不動産関連、電機電子、総合商社・・・と続きます。

対象年齢の平均は28歳前後ですので、30代・40代と勤続年数が長くなると、それ以上の年収も見込めるのでしょうね。
女性の平均年収が360万円といわれる中で、20代後半で400万円以上もらえるなら、同じ女性として、憧れますし、羨ましい限りです。
上記はあくまで平均ですが、銀行の法人営業やMRなどの営業をされている方は700万円以上稼ぐ方もいるようですし、また、住宅関係の営業では、1000万円稼ぐ女性もいるそうです。

話は少し反れますが、子育て中のワーキングマザーで、保険の営業をされている方にお会いすることがありました。契約を多く取ればそれがお給料に反映され、高収入を得ることも不可能ではないと思います
外回りの営業をされていて、たとえば結婚して子供を産むことになるとします。出産後に育児休暇を取る女性は増えていますが、育児休暇が終わった後、それ以降の子供に関わる色々な事で、急なお休みを取ったりしなくてはならず、会社の中で肩身の狭ささを感じたりするものですが、外回りで営業されている保険の営業の方が、子供さんを一緒に営業に連れて回っている姿をみて、仕事をしながら子供と過ごすことも出来るんだ。と思った記憶があります。ただ、業績が収入に繋がる分、頑張らなければ生活も苦しくなり、お客様に合わせて動くため、土日も仕事・・・など、結局大変なことが多いのかもしれないですね。

自分のためだけに働けるなら良いのですが、配偶者や子供を持つと、そうも行きません。
いったん出産で仕事を離れてしまうと、一時的にキャリアを失う(停止した状態)になることがあり、その間は収入が大きく減ることもあるのです。

このように、女性特有のしがらみはあります。
そこを割り切って、自分の出来る範囲でしか働かないなら平均収入を上げることは難しいと思うのですが、
子供や我慢や理解をしてもらい、出来るだけ仕事に影響しないよう。と気を配り、同じ場所で頑張っていくことで、子供を産んでも高収入を得る仕事が出来るのかもしれません。
上手くいけば、キャリアウーマンとして、きらきら輝く営業職。
その裏には、それぞれ、大変な苦労もあるのだと思います。

20代女性の平均的な年収

20代女性の平均年収はかなり低いと言われています。
250万円を下回っているとも言われています。
ボーナスなしの場合、月収が手取り19万円程度とも言われています。
これはかなり厳しい状況を言うことができます。

昔の日本の企業は年功序列、終身雇用制度を導入していました。
しかし年功序列の場合、能力もないのに勤続年数によって管理職になってしまう場合が多くなり、社員のレベルが低下をするというリスクがあります。
ですから最近では外資系のように年功序列制度を廃止し、能力主義に切り替える国内資本企業も増加をしています。
それでも20代女性の場合には、自分の才能を生かすことが出来る仕事をしない限り、年収アップはとても難しいです。

未だに20代の女性は結婚をしたら退職をすると思われていますし、仕事を続ける人はそんなにいないだろうと思われています。
そうすると仕事の内容も重要な責任を負わなければいけないようなものではなく、誰にでもできるような仕事をさせられることもあります。
男尊女卑の考えは根強く残っています。

それでも20代で年収が平均よりもかなり高い職業もあります。
看護師の場合には、20代後半ともなるとキャリアを積んできたという判断がされます。
中には20代後半で認定看護師の資格を取得する人もいます。
認定看護師は一定のキャリアを積んでいる人などの条件が合えば資格を取得することができます。
認定看護師の資格を取得していれば、医療現場でも出来ることが増えます。
ですからできるだけ認定看護師の資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

看護師の仕事は残業があってないようなものです。
緊急事態が起これば、帰宅をすることはできません。
対応をしなければいけないので、かなりハードな仕事です。
自分のミスが人命に関わってくるので、責任もあります。
常に緊張感を保っていなければいけない仕事なので、大変ということから収入もよいです。

介護士や保育士も必要性が叫ばれていますが、年収は低いです。
年収がアップすれば介護士や保育士になる人も増えると思われます。
需要がある職業こそ、収入面も優遇されなければいけないようです。

20代で色々なキャリアを積んだり、資格試験に挑戦をして、自分の武器になるものを見つけるとよいです。
自分の武器があれば、転職も行いやすくなりますし、転職によって年収もアップさせることが出来るようになります。
選択肢も広がっていくのです。

女性で年収500万を超える職業

女性の年収は平均でも300万円を下回っています。
余裕のない生活を送っている人も多いです。
しかし年収500万円を得ている女性もいます。
全体のわずか1%ではありますが、ゼロではありません。

ではどんな職業に就いている女性が年収500万円に達するのでしょうか?
医師や弁護士は勤務先によって、年収500万円を超えることがあります。
医師の場合、勤務医ともなれば中々難しいことがあります。
開業医であっても患者数が増えなければ、設備にコストがかかってしまい、年収500万円に達することが困難な場合があります。

弁護士も法律事務所によって給与の支払い基準が異なることがあります。
弁護士であっても開業をするともなると顧問弁護士になれれば、ある程度の収入を見込むことが出来るでしょう。

他にも大学教授になると年収は一気にアップします。
専門性の高い仕事であれば、年収も500万円を超えることはありますが、国家資格などが必要ではない仕事の場合には年収が高くなることは期待できません。
女性の平均年収の前後という程度でしょう。

それでも事務職で年収500万円を得る人も稀にいます。
外資系の事務職であれば、能力主義なので能力が高ければ収入もアップします。
外資系の場合、国内資本の企業とは異なり、残業をすればその分収入に繋がります。
サービス残業にはならないので、残業をすればするほど収入は高くなります。
勤務時間数は長くなりますし、心身ともに疲れ切ってしまうということもありますが、国内資本の企業の場合、残業をしても収入には結びつかないことが多いので、外資系のほうが仕事にやりがいを感じることが出来るでしょう。
また外資系企業の中には、社員がリフレッシュをすることが出来る空間を設けていることも多く、配慮もされているので仕事がしやすくなっています。
福利厚生面でもしっかりと整えられえているので、転職をしたい気持ちになることもそんなにはないようです。

女性で年収500万円を超えるためにはキャリアアップも必要不可欠です。
キャリアアップをする前向きな気持ちを持っている人であれば、僅か1%の年収500万円超えをすることが出来るかもしれません。
どんなキャリアがあるといいのか、どうやったらキャリアアップをすることが出来るのか、ということをしっかり考えておくとよいでしょう。
資格取得を目指すなどその道のプロフェッショナルになれるように努力をすることも年収アップにはつながります。

女性の平均的な年収はどれくらいか

働く女性の平均年収はどれくらいでしょうか?
知っておくと今の自分の収入が平均より上なのか下なのか知ることができます。
長く勤務をすれば年収もアップする傾向にありますが、今の仕事に見切りをつけて転職をする女性も多いです。
やってみたいと思ったことがあれば、なんでもチャレンジをしたいと考えるのはごく一般的なことです。
年収アップさせたいと考えているのであれば、今の仕事を継続したほうがよい、ということがあります。

雇用形態も様々であり、正社員だけではなく契約社員、派遣社員という選択肢があります。
正社員の場合には賞与があるので、年収は契約社員や派遣社員よりも高額になることが多いです。
それでも近年では正社員であっても賞与を受けることが出来ない場合も多くなっており、正社員だからと言って絶対的に収入が高いというわけではなくなっています。

女性の平均年収は300万円を切っています。
500万円以上の年収を得ている人も1割に満たないというのが現実です。
今は様々な税率も上がってきているので、支出が増えるのに収入が全く増えないという人が多いです。
そこで本業以外に副業を行う女性も増加をしています。

女性の場合、長く勤務をすることが困難となる場合が多いです。
結婚や出産によって休職をしたり、場合によっては離職をすることもあります。
離職をした上で子育てがひと段落をした時点で転職をするともなると、キャリアがゼロからのスタートになってしまうこともあります。
年齢的にも正社員としての勤務が困難になることも多いです。
休職であっても復職をする場合には空白の期間があったとしても考慮してくれますし、休職をしたからキャリアにペナルティが課せられることもありません。
だから復職も出来るのですが、それでも結果的に退職をしなければいけないということもあります。

女性の平均年収は男性よりも圧倒的に低いです。
能力があっても女性ということだけで昇進をすることができないという企業もまだまだ多いです。
建前上は男女平等だと言っていても、実際には女性だから年収も低く設定されていることがまだまだ多いです。

職業によっても就業をする場所によっても、地域によっても平均年収というのは大きく異なってくるものです。
全国平均ではなく、職種や年齢、仕事をしているエリアでの平均もチェックしておくと参考になるでしょう。
平均よりも低いともなれば、転職を考えるタイミングかもしれません。

女性で年収が高い人の特徴

女性も仕事をして自立をする時代です。
高い年収を得ている女性も増加をしてきました。
あまり男性、女性という考えを持たずに能力が高ければその能力に応じた収入を得ることが出来る時代でもあります。

年収が高い女性はどのような特徴があるのでしょうか?
上昇志向が強い女性というのは、仕事も手を抜くことがありませんし、何事にも一生懸命取り組む傾向があります。
資格を取得していたほうが収入もアップするという企業も多いので、積極的に資格取得をする人もいます。
様々な資格を取得することによって見聞を広げることが出来るので、知識も豊富になります。

しかし、年収が高いということはイコール責任のある仕事を任されることも多く、離職をすることができない環境になっていることも多いです。
転職をしたいと思っていても、それを実行に移すことができないので同じ企業で長く頑張る傾向があります。
離職をすることが出来ないということになれば、結婚や出産が遠のくということも十分に考えられるのだそうです。

また結婚相手にしても自分ではあまり相手の年収を気にしていない、ということであっても男性の方が気にすることが多いです。
自分よりも収入の高い女性は倦厭される傾向にあるので、結婚相手も中々見つけることが出来ないということもあります。
結婚と仕事を天秤にかけなければいけない女性も多いです。

年収が高い女性はキャリアウーマンとして社会で頑張っている場合が多いです。
男性で年収が低いとされている製造業であっても、女性の製造業でしかも研究職であれば、かなり年収も高く設定されています。
それだけの知識や能力がなければできない仕事ではありますが、研究を行う楽しさというのもありますし、仕事にやりがいや充実を見出すことが出来るようになる、というメリットもあります。

もちろん、年収が高い女性でも家庭を持っている人もいますし、子育てと仕事と両立させている人もいます。
責任のある管理職に就いている女性の場合、子どもの体調不良などで急に仕事を休まなければいけなくなった、という事態でもサポートをしてくれる人がいれば仕事を休むこともないようです。
女性が高収入を得るためには、周りのサポートも必要となりますし、企業側にも理解が求められます。
仕事もプライベートも充実している女性は日本にはまだまだ少ないということはありますが、今後企業側も理解をして優秀な女性がもっと仕事しやすい環境にしていく必要もあるでしょう。